恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > 2009年07月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきの行方

2009 - 07/30 [Thu] - 23:44


空気を震わすその声に、

あなたが発するサインのすべてに、

私の心は大きくゆれる。


トクン、と胸が鳴るたびに

体温が1℃上昇して。

頬が紅く染まるから。


あなたは、気づいてる。

私が恋焦がれていること。


私は、気づいてる。

あなたが気づかないふりをしてること。


トクン、と胸が鳴るたびに

この恋は、大きくゆれる。

続きを読む »
スポンサーサイト

君が、いない

2009 - 07/29 [Wed] - 23:49

地図がほしい。

この先、どこへ行くべきか。

誰かに教えてほしくて。


ひとり、もがいている。


「余裕」なんて言葉、

知らなかったみたいに。


ただ、泣き喚いて。


そこに、君がいないだけで。

自分の道を見失っている。


君が、いないだけで。


続きを読む »

4U

2009 - 07/26 [Sun] - 23:40

とめどなくあふれる、この想いは。

君へ贈る、あいのうた。


ありがとう、も

あいしてる、も

一編の詩にこめて。


"Happy Birthday to you."

続きを読む »

恋の終焉

2009 - 07/25 [Sat] - 23:56


ふたりでいることをためらうかのように、俯くあなた。

聞こえてくるのは、

カップを置く音と

かすかな返事。


心が触れ合ったことなど

遠い昔のおはなし、で。

すれ違ってしまった気持ちは

元に戻ることはない。


この店を出たら、

二度と会うことはないだろう。


さよなら、愛した人。

さよなら、恋心。

続きを読む »

あなたを待つあいだ

2009 - 07/24 [Fri] - 23:31


ふと、携帯に目がとまる。

声が、聞きたい。


それは、衝動か。

それとも、解き放たれた抑圧か。


あなたを、待つあいだ。

耳につく呼び出し音と、

次第に高鳴る胸の鼓動。


焦燥感。


はやく、はやく。

声を、届けて。


続きを読む »

今降る、雨のせいにして

2009 - 07/22 [Wed] - 23:33


空が、泣くから。


だから私も泣いているのだと。

あふれる涙を、

今降る雨のせいにして。


止めるのを、やめた。


雨が、降るから。


だから私が泣いていても。

誰が悪いわけじゃない。


空が、泣くから。


続きを読む »

それだけ

2009 - 07/21 [Tue] - 23:41

君が好き。

ただ、それだけ。


その気持ちだけで、

僕は今日という日を過ごしている。


君が好き。


ただ、それだけ。


その想いだけで、僕は。


続きを読む »

la la la

2009 - 07/17 [Fri] - 22:45


うしろからそっと抱きしめる。

悲しみと

不安を包み込むように。


重なる手から伝わるぬくもりが

もう、大丈夫って言ってる。


頬にキスをおとせば、

うまれる愛のハーモニー。


それは、

世界でいちばんきれいなメロディ。


続きを読む »

ふれる、かさなる

2009 - 07/14 [Tue] - 22:22

かさなる、くちびる。

ふれあう、心。


あなたが、ここにいる。

たしかめるように

その体を手でなぞる。


あなたが、いる。


そう、つぶやくと。


いるよ。

ずっと、そばにいる。


甘い声が返ってきた。


ふれあう、くちびる。

かさなる、心。


続きを読む »

明日は、どっちだ

2009 - 07/13 [Mon] - 22:56


開けっ放しの窓から

ふっと風が入りこむ。

外に目を向けると、

いつになく快晴で。

光に満ちた風景に、心奪われる。


数分後。

氷がカラン、と音を立て

私を此処に連れ戻す。


目の前には、汗をかいたグラスがひとつ。

何を言うわけでもなく、

テーブルで佇んでいる。


融けゆく氷が、

堕ちゆく自分とリンクした。


不思議と、涙はこぼれなかった。


続きを読む »

覚えてる。

2009 - 07/12 [Sun] - 21:10

覚えてる。


人ごみの向こうで佇む君の

長い髪が印象的だった。


いくつもの夜を越え、

重ねてきた思い出は。

出会いを風化させるけど。


消えることはないから。


あの頃の君も。

君への愛も。

続きを読む »

sofa

2009 - 07/11 [Sat] - 17:55

あなたとふたり、ソファに座って。

手を握ってみたり、

肩にもたれてみたり。

触れ合うたびに、

心が深くつながってゆく。


言葉がなくても、

伝わる想いがあること、

あなたがおしえてくれたから。


あなたの腕が

私の肩にまわされる。

大きな愛に包まれて。

より深い、あなたの中へ。

続きを読む »

「リアル」

2009 - 07/10 [Fri] - 22:19

今、私は恋をしている。

あなたの知らない誰かと。


それでも。


あの頃の私は、今でも。

あなたのことが好きだよ。

続きを読む »

プライマル

2009 - 07/09 [Thu] - 21:19

まだ薄暗い街を見渡す。

一筋の光を放ち、通りすぎてゆく車を除けば。


ここは、ただのグレー。


ひとりでみつめる世界に、色はない。

青空なんて、ここにはない。


君を想えば想うほど。

胸の痛みは強くなり、

世界から色が消えていく。


グレーの中で。

ただひたすら、君を想う。

続きを読む »

「願わくば、」

2009 - 07/07 [Tue] - 21:30

願いのすべてが叶うはずがない。


たとえば。

君の願いが叶ったら。

僕の願いは叶わない。


なんて、残酷な。


君の応援ができるほど、

いいひとになれそうにない。


僕は、祈る。

今夜、雨が降ることを。

続きを読む »

I love you.

2009 - 07/06 [Mon] - 22:52

君と見る月。


耳障りな胸の鼓動、

ふたりを遮る見えない壁。


マイナス要素に囲まれて、

愛のことばを口にする。

君に届くことを祈って。


『あなたと見上げる月はきれいだ』

続きを読む »

恋におちて

2009 - 07/05 [Sun] - 00:44

夜明けとこの手のぬくもり、

どちらか選べというのなら。


朝なんか、こなくていい。


ふたり、よりそっていられるのなら。

暗闇だって、怖くない。


今は、ただ。

このぬくもりが消えてしまうことのほうが、


まるで、この世の終わりのようで。

続きを読む »

プロローグ

2009 - 07/04 [Sat] - 23:47

始めましての人も、お久しぶりの人も。

さーや、再始動です。

しばしの充電期間を経て、戻ってまいりました。
きっと、何も変わっていないと思います(苦笑)

ただ、書きたかっただけ。
それだけ。


そして、お願いです

*マナーは守ってください!!

 既存の曲、詩歌をモチーフにして書いている詩もあります。
 しかし、すべてさーや自身の言葉を綴っています。
 ないとは思いますが、無断転載はやめてください。

 人を傷つけるようなコメント、広告は否応なしに削除させていただきます。
 意図してない場合もあるかもしれませんが、不特定の人が閲覧します。

 *リンクしてくださる方、連絡ください。
 

続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。