恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > 2010年08月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺はひとり、雨の中

2010 - 08/31 [Tue] - 22:52


君はさながら、天気予報。


君が笑うと、太陽も笑うし。

君が泣くと、地球も涙する。


君の天気を左右するのは、

気圧でも、前線でもなくて。

それは、

俺の一言。


梅雨の季節がやってきた。

傘なんて持っていないから

ひとり、びしょ濡れ。


いつになったら、晴れ間はみられるのか。


― 今日も、雨。


続きを読む »
スポンサーサイト

恋草

2010 - 08/29 [Sun] - 23:11


あなたを嫌いだと言い放っても、

あなたを想って涙する夜もあるの。

その意味、わかるよね?


あなたを好きだってこと。


諦めようとしたこともあった。

無理だとわかっていながら。

それでも、愛することをやめなかったのは。


やっぱり、あなたが好きだったから。


好きだよ。

好きだよ。


次、あなたに会うときは。

その胸の中に飛び込んで。

言葉に、するね。


続きを読む »

恋は、いつも。

2010 - 08/24 [Tue] - 23:03


心と言葉は、いつもうらはら。

「好きじゃない」なんて言いながら、

いつも心はときめいて。

目はあなたを探してる。


頬が赤く染まっていないだろうか。

沈む夕陽のせいにできるかな。

言い訳ばかり考えて、

前に進むことを恐れてる。


心が好きだと告げる。

脳がこのままでいいのかと尋ねる。


恋はいつも、うらはら。


続きを読む »

見透かす瞳

2010 - 08/23 [Mon] - 23:31


私の心に誰がいるのか

あなたにわかるのかしら。

いつもそっぽを向いて

どこをみているかわからないあなたに

私の心が見えるのかしら。


あなたの心の中には

誰がいるのかしら。

いつもはぐらかして

胸の内を見せないあなたの中を

私はどれくらい占めているのかしら。


のぞいてみたいよ。

あなたの心を。

気づいてほしいよ。

私の心に。


続きを読む »

あなたという人

2010 - 08/21 [Sat] - 23:33


音を立ててスープを飲むとこ、

嫌いじゃないよ。


むしろ。

顔よりも、

車道側を歩いてくれるやさしさよりも、

好きだな。


スープなのに、

「ズーっ」なんて。

誰もしないから。

あなたといるって、実感できる。


やさしい人は星の数ほどいるけれど、

あなたは、ただひとり。


続きを読む »

独白

2010 - 08/19 [Thu] - 23:32



あぁ、今すぐ君に会いたいんだ。


そして、強く強く抱きしめよう。


あぁ、ふたりの胸がくっついて。


ひとつになれたら、


いいな。



…いいなぁ。


続きを読む »

記憶のかけら

2010 - 08/18 [Wed] - 23:57


カフェのテラス、

店先の花。

君が、好きだといったもの。


思い出に触れるたび、

君の残像に

語りかけてしまうよ。


あの日の空に、

浮かぶ雲。

あの日の風が、今日も漂う。


だから、まだ

隣に君がいるような気がするんだよ。


続きを読む »

BLUES

2010 - 08/16 [Mon] - 23:18


雨になればいい。

君を想う、こんな日は。


雨が、

涙を隠してくれる。

傘をさせば、

真っ赤に腫れたまぶたを

なかったことにしてくれる。


雨が降ればいい。

降り続けて、

そして。


君を忘れられればいい。


続きを読む »

おやすみのうた

2010 - 08/15 [Sun] - 00:16


ため息。

あなたがいない夜の

悲しい習性。


だって。

いくら手を伸ばしても

空を切るだけ。


あなたが、いない。


そんなときは、

あなたが好きだといった歌を聴く。


幸せな気分で

今日が終われるように。


とびきりの笑顔で

明日を迎えられるように。


続きを読む »

voice

2010 - 08/11 [Wed] - 22:45


あなたの声が聞こえる。

きっと、私を起こしている。

タヌキ寝入りをしてるから。

もう少し、私のわがままに付き合って。


あなたの声を、聞かせて。


愛と感謝をこめて

抱きしめてあげる。

そして、再び

夢の中へ。


呆れて、大きなため息をついてもいいよ。

そんなことで、

抱きしめたこの腕を

ほどいたりしないから。


続きを読む »

夕暮れヤング

2010 - 08/10 [Tue] - 22:56


いつも一緒にいたくて。

ずっと一緒にいたくて。

その願いをかなえるべくして

逃げ出したところは、

空にいちばん近い場所。


手を取り合って

駆けだした、その先は。

まだまだ子供の僕たちには

暗闇と同じ。


駆け落ちは、夕暮れとともに

ジ・エンド。


手を離すと同時に

重なる唇。

サヨナラのキスは

涙の味がした。


続きを読む »

坂道

2010 - 08/09 [Mon] - 23:27


緩やかだけど

とても長い、坂道。

たまには休んで、

ときには走って。

どこまでも続く、道を行く。


もしも、ゴールがあるのなら。

そこには、何があるのだろう。

何が、待っているのだろう。


こぼれた涙は雲となり、

行く先を暗闇へと変えるだろう。


それでも。


やまない雨はないし、

闇もまた、

光を求めているから。


続きを読む »

2:18 a.m.

2010 - 08/06 [Fri] - 22:23


ふと目にしたデジタル時計。

示した時刻は、2:18 a.m.

そういえば、まぶたが重たくなってきた。

でも、まだ話足りない。


ふたり、歩いてきた日々は違うけど

一目会えば、再び交わる過去と現在。

そして、明日の夢をみる。


いつか、それぞれの家庭を持って。

しわしわのおばあちゃんになっても。

温泉につかって、おいしいもの食べて。

こうして、語り合えたらいいね。


浅い眠りへと導かれながら、

遠い日に想いを馳せた。


続きを読む »

BIRTHDAY,birthday

2010 - 08/05 [Thu] - 23:48


ごめんね。

あなたの誕生日、

一緒にお祝いできそうにない。

プレゼントも決められないまま、

時間だけが過ぎていく。


誕生日当日。

ようやく会えたのは、日付が変わる五分前。

涙をこらえ、

何度も「ごめんね」を繰り返す。

ケーキも用意できずに、ごめんね。

あなたを優先できずに、ごめんね。


やさしくて、どこまでも前向きなあなたは

落ち込む私を抱きしめて

キスとともに、甘いセリフを降らせる。


「バーカ、何言ってんだよ。

今、ふたりでいる。

それだけでいいんだ。

忙しい中、ずっと俺のことを考えてくれたんだろ?

それが、いちばんのプレゼントだ」

続きを読む »

“キミはボクの太陽だ”

2010 - 08/04 [Wed] - 23:02


太陽の匂いがする。

清々しい、夏の匂い。

その匂いの先をたどっていくと

君にたどり着いた。


思わず、顔がほころんだ。

やっぱりな、という気持ちと

ベクトルが君に向かっている事実。

それが、うれしい。


君を抱きしめて、

君という名の太陽の匂いを

胸いっぱい吸い込んだ。


続きを読む »

罪と罰

2010 - 08/03 [Tue] - 23:01


人がまばらな、初夏の海。

熱く焼けた砂は

私の心を映す鏡。

ふたりで築く最初の思い出に

緊張を隠せない。


大きくなってく、胸の音。

聞こえてしまう、という不安。

この海のように、

キラキラ光る思い出を作りたい。

理想ばかりが膨らんで、

胸をぎゅっと締めつける。


ふたりの間のもどかしい距離は

素直になれない、自分への罰。

ドキドキも不安も、波がさらってくれたらいいのに。

今すぐに抱きしめて、連れ去ってくれたらいいのに。


続きを読む »

ある晴れた日に

2010 - 08/02 [Mon] - 23:49


太陽が頂点まできたから。

地上の影は短く、

最高気温に到達した。


涼むために入り込んだ軒先で

目にしたのは、純白のドレス。

いつかは、これを着て

ヴァージンロードを歩くんだ。

そして、隣には。


タイミング良く、鳴る電話。

このメロディーは、あなたから。

少しだけ、焦らせてみようかな。


目の前にある、素敵なドレス

着たいなぁ、って。


続きを読む »

みつめる、その先

2010 - 08/01 [Sun] - 22:35


趣味・カメラ。

対象・風景。


そんな俺が、初めて撮りたいと思った人が

妻だった。


笑った顔、泣いた顔。

怒った顔から寝顔まで、

妻なら、どんな姿も撮りためた。


この幸せが、いつまでも続くように、祈りながら。


ファインダー越しの君は、今も。

はじめて出会ったあの日と同じ笑顔を

向けているようだよ。


続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。