恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > 2011年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋をしている

2011 - 03/30 [Wed] - 09:42


もうすぐ、夜が明ける。

太陽の目覚めを

近くでみるべく

山のふもとへ車を走らせる。


エンジンを切れば

鳥のさえずりや

川の流れが

森いっぱいに響き渡る。

緑は朝露で彩られ

光はまだかと待ちわびている。


まだ、薄手のカーディガンでは肌寒い季節。

あなたに寄り添って

少し体温をあげてみる。


朝日が顔を出し

世界は一気に色をつけた。


続きを読む »
スポンサーサイト

Blue Rose

2011 - 03/26 [Sat] - 21:36


あなたが

私を好きだなんて。

そんなの、

ありえない。

酔っているからって、

やめてよ。

そんな冗談、

笑えない。


不可能と言われた

青いバラだって出来たんだもの。

このご時世、

何があるかわからないのよ。

なんて。

友だちは言ってくれるけど。


あなたが

私を好きだなんて。

そんなの、

絶対にありえない。


続きを読む »

比例、反比例

2011 - 03/24 [Thu] - 19:53


「しょうがないね」

その一言に

胸がきしむ音がする。


君は

僕のこと、好き?


仕事だなんて、

嘘かもしれないよ。

別の女性と過ごすのかもしれない。

それでも、

「しょうがないね」って

いつものように

何食わぬ顔で

キャンセルするの?


わがままを言わないのは

やさしさじゃない。

たまには

さみしいって言ってほしい。


だって、

愛されていないみたいじゃないか。


ねぇ。

本当に

僕のこと、好き?


続きを読む »

Your Song

2011 - 03/22 [Tue] - 19:38


「愛してる」

恥ずかしくて口に出せないから。

この歌を君に贈ろう。

僕の歌ではないけれど、

うたっている間だけは。

君のための曲。

僕の愛を奏でられる

唯一の調べ。


「愛してる」

そのセリフを口にするとき、

君の顔をまっすぐ見られないけれど。

君も

同じ気持ちでいてくれたら。

そんなことを考えながらうたう。

君のための曲。

僕の愛を伝えられる

ささやかな時間。


続きを読む »

春の日に

2011 - 03/21 [Mon] - 13:33


春という季節に

あなたの片鱗をみた。

恋しくて

あなたを探したくなった。

手を伸ばしても

届かないことは

わかっているのに。


春という季節の端々に

あなたをみつけた。

桜の花

お彼岸のおはぎ

春野菜…

みるたび

口にするたび

あなたが恋しい。


続きを読む »

卒業写真

2011 - 03/20 [Sun] - 14:10


ページをめくる。

1ページ、

1ページ、

時間を巻き戻すように

ゆっくりと。


笑うあなたと

笑う私の

写真をみるたび、

懐かしさに満たされ

あのころに戻る。


泣きながら、

笑いながら、

ページをめくると

その瞬間が、

過去になる。


時間は

巻き戻すことを、やめた。


続きを読む »

恋苺

2011 - 03/13 [Sun] - 19:33


毎日のように電話して

耳はあなたを感じているけど。


目はあなたが足りないの。

手があなたを欲するの。


会いたくて。

会いたくて。

心がはやる。


そう遠くない未来、

あなたをみつめて、

あなたに触れて。


私はあなたに

恋焦がれる。


続きを読む »

目覚め

2011 - 03/06 [Sun] - 20:24


ソファに座ったまま眠る

君の顔を覗きこむ。

長いまつげと

すっと通った鼻筋。

思わず、手が伸びる。


この指が頬に触れたら、

君はきっと目を覚ます。


起きないで。

まだ、眠ってて。


鼻先の触れる距離で

目があうなんて、

恥ずかしすぎるから。


もしも。

視線に気づいていても、

あと一分、みつめさせて。


続きを読む »

幻想曲

2011 - 03/05 [Sat] - 23:09


あなたを想う

長い夜

眠れずに

幻想という名の夢をみる。


そこに、

あなたはいるのだろうか。


空を見上げ

朝を待つ。

こんなときに限って

星がきれいに瞬いている。


もしも、

星が流れたら

祈ってみようか。


あなたをつれてきてほしいと。


続きを読む »

傘なんて、いらない

2011 - 03/04 [Fri] - 19:55


冷たい雨に打たれても、

傘なんていらないから。

抱きしめてくれたら、

それで。


悲しみでまみれたら、

その指で

涙を拭ってくれるだけでいい。


眠れない夜は、

隣で

子守歌を歌ってくれたら。


指が泣くの。

あなたが、恋しいといって。

あなたに、触れたいといって。


続きを読む »

やさしさの源

2011 - 03/02 [Wed] - 18:59


突然、

ガラスが割れるような音がして。

刹那、

足元から崩れ落ちた。


何かが、壊れた。


止まらない涙、

叫ぶ声。

すべてを受け止めてくれる

その胸。

抱きしめてくれる

その腕。

あなたのほほえみに包まれて。


きっと、

やさしくなれる。


続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。