恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > 2011年10月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贈る言葉

2011 - 10/29 [Sat] - 23:45


「おめでとう」の

その一言が言えなくて

君は

悲しい笑顔を浮かべていたね。


でも。

僕以外の誰かと

永遠の誓いをする君を

祝福できると思う?


今でも。

君の「ごめんね」が

耳の奥でこだまして

目の前の君がにじんでみえている。


もう少し経って

時間が解決してくれたら

小さな紙にしたためるよ。


おめでとう。


続きを読む »
スポンサーサイト

ピーマンの涙

2011 - 10/27 [Thu] - 23:10


泣く前のあなたは

苦虫をかみつぶしたような、

苦手なピーマンを

無理やり食べさせられたような、

苦悶に満ちた表情を見せる。


何かあった?なんて

聞くまでもないくらい、

つらそうな顔。


泣いてしまえば

楽になるのに。

我慢しなくてもいいのに。


あんな人のために

涙を流したくないのか。

それとも、

私に遠慮しているのか。


私のことなら

お気になさらず。


私、ピーマン好きなのよ。


続きを読む »

SWEET SWEET

2011 - 10/25 [Tue] - 23:09


もう少し

甘い夢を見ていたいわ。


心も体も

溶けてしまうほどの

甘い夢。


その指が、

その唇が。

肌の上をなぞるたび

心までしびれて

あなたじゃなきゃダメだって

すべての細胞が叫び出す。


この腕と、

この胸が。

抱きしめたその体を

話したくないと叫んでいる。


もう少し

甘い夢を見たいわ。


永遠に続く

甘い夢。


続きを読む »

Why?

2011 - 10/24 [Mon] - 22:46


どうして。

どうして、どうして、どうして。


女性が無機質な声で

電話に出られないと教えてくれる。


出られないという事実より

その理由が知りたい。


仕事なら、そう言って。

誰かと一緒なら、そう言えばいい。


あなたの知らない

かわいい女性と一緒よ、と

感情のこもっていない

何とも耳障りな、その声で。


今。

電話に出られないということは

イヤというほど、わかったから。


続きを読む »

真夜中のシンデレラ

2011 - 10/23 [Sun] - 21:55


深夜も0時を過ぎると

街も少しずつ

眠りにつきはじめる


真っ暗な世界に

ぽつんとひとり

たたずんでいる


終電なんて

とっくに去った

帰宅手段は

タクシーしか残っていない


赤く光るテールランプが

目の前を通り過ぎてく


なかなか止まらない

週末の午前2時

ため息をつきながら

あくびでもしそうな街に迷い込む


ヒールの靴が今にも脱げそう

シンデレラよろしく

ここに置いていこうか


そうすれば

王子様が現れるかもしれない


続きを読む »

spicy

2011 - 10/22 [Sat] - 22:53


少し突き放すような

言葉遣いも

ぶっきらぼうなやさしさだと思えば

嫌いじゃない。


説教じみた

その口調も

情熱の表れだと思えば

何だって聞ける。


でもね。

会話の最後くらい

甘いセリフがあってもいいと思うの。


おやすみのキス、

待ってるわ。


続きを読む »

あなた

2011 - 10/20 [Thu] - 22:58


やわらかさと

太陽のにおいの先に

あなたのやさしさがみえる。


あなたに包まれているようで

明日も

がんばれる気がするよ。


たとえ

どんな困難が待ち受けようとも

あなたを守るためなら

立ち向かえると思うんだ。


あなたが

惜しみない愛情をくれているように。


続きを読む »

こんど晴れたら、

2011 - 10/19 [Wed] - 22:05


青空に

ふわり漂う、白い雲。


ねぇ。

あの雲、ソフトクリームに見えるよ。

少し大きめで

ふたりで食べるのに

ちょうどいい大きさ。


まだ冷たくなりきらない風が

空気と雲を入れ替える。


ねぇ。

あの雲、車に見えるよ。

クラシックカーかな。

小さな排気ガスを引き連れているよ。


次の休み、

晴れるといいね。

私がお弁当をつくるから

ドライブしようよ。


途中、どこかのサービスエリアで

ソフトクリームを買って。


続きを読む »

記憶

2011 - 10/06 [Thu] - 21:23


ドアを開けたら

ついさっきまで降っていた雨の置き土産が

光に照らされていた。


しっとりした風に、

雨の匂い。


ふと、

あの人が頭をよぎる。


思い出と呼べるほどの

たいそうな出来事など

ふたりの間に起こることもなく。


ただ、

いたずらにすぎていった時間。


その中で、

何度も訪れた

雨の日。


今日、はじめて

湿気を帯びた空気に

あの人の欠片を探した。


続きを読む »

愛を告げる

2011 - 10/05 [Wed] - 23:44


少し疲れた体を

ソファーに横たえた瞬間

どうやら

深い眠りにおちたようだ。


それに気づかせてくれたのは

遠くで聞こえた

君の声。


耳を澄ましていないと

聞こえないくらいの

小さな声だったけど

それは紛れもなく

君の愛の告白。


もう少しだけ

目をつぶっているから。


もう一度、ささやいてはくれないだろうか。

一度、と言わず

何度も、ささやいておくれ。


続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。