恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > 2012年01月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をみる

2012 - 01/30 [Mon] - 21:44


夢をみたいの。


だから、今夜は

浅い眠りでいいわ。


いい夢じゃなくてもいいの。

この現実をみなくてすむのなら。


どこか

連れて行ってよ。

あの人の姿がみえないところなら

どんな場所でもいいの。


あの匂いも、

ぬくもりも。

あの人を感じられない

遠い世界へ。


夢でいいから。


ねぇ、連れて行ってよ。


続きを読む »
スポンサーサイト

確信犯

2012 - 01/29 [Sun] - 17:53


だいぶ、酔っている。


アルコールの強いものばかりを選んでは

体内に

注ぎ込んでいる。


本当は

酒ではなくて

君に、溺れたいのに。


このまま

おぼつかない足取りで近づいて

そっと

君に

寄りかかってしまおうか。


肌が触れたら

熱っぽい吐息を交えた

甘い言葉をささやいて

そらせなくなった目から

君の中へと入りこむ。


その瞬間、

君が

その手を自ら

伸ばせばいい。


続きを読む »

くすぶり

2012 - 01/26 [Thu] - 23:17


ちょっと

かっこよすぎるんじゃない?


あの子以外の誰かが

惚れちゃったらどうするの。


私が

また好きだと言ったら

どうするの。


好きな人がいるから、って

言われた時から

私に残された道は

あなたの幸せを祈ることだけ。


それだけなんだから。


あまり

かっこいいとこ、みせんなよ。


また惚れたら

どうしてくれるの。


続きを読む »

北風と太陽

2012 - 01/25 [Wed] - 23:21


目の前から

突然いなくなったのは

あなたなのに。


泣いている私を許せない、なんて

勝手よね。


あなたらしいけど。


今ね、

風が吹いたの。


あなたが隣に来たのだと

一瞬でわかったよ。


本当は

放っておけないんだよね。


あなたは

そんな人だもの。


空のような大きい懐で

すべてを受け入れてくれる

あたたかな人。


続きを読む »

ブラックフォーマル

2012 - 01/23 [Mon] - 23:32

目を疑った。


あなたが

誰よりも素敵だったから。


まばたきすることも忘れて

あなたに見入った。


どうして。


どうして

そんな格好してくるの。


黒のスーツだなんて。


ときめいて

何て言っていのかわからない。


いくら

いつもと雰囲気の違うレストランに行くからって


あまり

ドキドキさせないでよ。


いたずらが成功した子どものような笑顔は

やっぱりあなただったけど


昨日より

あなたを好きだと思った。


続きを読む »

だいすき

2012 - 01/22 [Sun] - 23:31


そのひとつひとつの行動が

いとしくてしかたないんだ。


たまに噛み合わなくなる会話も

かわいいと思えるのは

きっと

あなたのことが

だいすきだから。


笑いをこらえるのって

結構大変なんだよ。


かわいいって言って

笑うと

あなたは頬を染めて

怒るから。


今度笑いをこらえるときは

あなたにみつからないように

抱きしめることにするよ。


そうすれば

ずっと

くっついていられる。


続きを読む »

アタマと、カラダと、ココロと。

2012 - 01/19 [Thu] - 23:32


すれ違った自転車が

あなただったらと

突然

胸がそう告げる。


そんなはずはないと

頭はささやく。


それでも、と

足は歩みを止める。


誰のものかもわからない背中を

みつめる瞳は

あなたの笑顔を映していた。


あなたであってほしいと願う

この心と

あなたを愛した記憶が

幻想を作り上げていた。


続きを読む »

愛した人

2012 - 01/15 [Sun] - 22:01


あなたが

誰かのモノなんて

知らなかった。


そんなの

言い訳にすぎないことくらい

わかっていた。


ブレーキをかけようと思えば

簡単に止められたはずなのに。


それでも。


あなたがいれば

それでよかった。

他には何も

いらなかった。


シャツを握りしめたとき

とてもせつなそうに

申し訳なさそうに

私をみつめたあなたを

忘れないわ。


愛してしまったのは

私だもの。


続きを読む »

HONEY, honey

2012 - 01/13 [Fri] - 23:30


甘い甘い

夢をみよう。


ハチミツを

たっぷりかけた

パンケーキのような

甘くて

ほんの少しだけ

ほろ苦い


そんな夢。


そこに

あなたはいるかしら。


もしも、

もしも。


夢の中まで

追いかけてくれるなら


ハチミツ味のキスで

迎えてあげる。


ほら

この唇、甘いでしょ。


続きを読む »

さよなら、ありがとう

2012 - 01/11 [Wed] - 22:45


年が明けたというのに

カレンダーは

一日たりとも進んでいない。


あの日から

ずっと

動けないでいる。


時間は流れたはずなのに。

季節は変わったはずなのに。


何も

変わらないでいる。


変われないでいる。


タイムマシンがあったら

あの日に戻って

悲しまずにすむ別れ方をしたい。


笑顔で

ありがとうを言える

そんな別れを。


続きを読む »

My Lady

2012 - 01/09 [Mon] - 22:53


水たまりに

石を放り投げる。

水面を覗きこむと

その顔は

ゆがんでみえて。


思わず、笑顔。


あ。

今、子どもみたいだと思ったでしょ。


違うもん。


その、疲れた表情を

やわらげたかっただけだもん。


笑いながら

むくれてみせた。


続きを読む »

雨の日の思い出

2012 - 01/08 [Sun] - 22:34


次の角を右に曲がれば

そこは

君と出会った

思い出の場所。


あの日

君は雨に打たれて

泣いていたね。


未だに

その理由は聞いていないけど

きっと

雨に身を寄せたくなる出来事が

不意に襲ってきたのだろう。


君は

泣き顔をみせないけれど

悲しいときは

泣けばいい。


この胸で

この腕の中で。


続きを読む »

winter song

2012 - 01/07 [Sat] - 22:01


テレビの中では

たくさんの歌い手が

それぞれの愛を奏でている。


冬だから、なのか。


人恋しい、とか。

ぬくもりを、とか。

恋に見立てるなんて

どうかしてるわ。

そう異論を唱えてみるけど。


私も例外ではなく。


今、恋をしている。


聞こえてくるラブソング。

甘い言葉に気持ちを重ね。

心地いい音に身を委ね。


しばらく会えない

君を想う。


続きを読む »

溺れる。

2012 - 01/05 [Thu] - 21:50


何も、見えない。


息も、できなくなってきた。


感じるかすかな抵抗に

生きていることを確認できる程度で。


深海にいるのだと

確信にも似た答えにたどり着いた。


もうすぐ、溺れる。


あなたがいないだけで

こんなにも悲しくて、

苦しい。


このまま、海の藻屑になって

消えてしまうことが

こんなに、怖い。


ひとりで生まれて、

ひとりで死んでいくというのに。


頭の中が

真っ白になってきた。

何も、考えられない。


もうすぐ、溺れる。


続きを読む »

Lean on me

2012 - 01/03 [Tue] - 23:14


突然の

君からの電話に

胸が高鳴った。


まだ

電話に出てもいないのに

声が震えた。


大きく深呼吸して

冷静を装い

電話に出れば。


君の声が沈んでる。


ぽつり、ぽつり

君の中に潜んでいる闇が

言葉となってこぼれてく。


「ごめん」なんて

言わなくていいよ。


不安にまみれても

弱さをさらけ出す場所が

ここにあることを

思いだしてくれるだけで。


とっても

うれしいよ。


続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。