恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > 理由  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理由

2010 - 02/07 [Sun] - 21:23


あなたが笑う。

私の目の前で。


太陽の光を一身に浴びて咲く

ひまわりのように。


私は。

あなたが笑う理由でありたい。


もしも、“永遠”があるのなら。

この先も、ずっと。

あなたの笑顔の真ん中にいたい。



----------


昨日は、一週間ぶりの定例会。
頻繁に活動しておりますが(笑)

先輩宅で鍋だったのですが、食べる専門のさーやは、先輩が調理している隣で、この詩を書いていたという、逸話つき(爆)

一週間の疲れが溜まり、今日は使い物にならず。
予定もキャンセルせざるを得ない状況に。

あ、定例会のせいではありませんので。
悪しからず。
スポンサーサイト

さーやさん、こんにちは。

この詩を読んで、外を見て、ため息。
冬だぁ…雪だぁ…もう嫌だぁ…。
ちなみにわたしの背丈ほどの積雪量です。
ヒマワリの咲く季節になってほしいよう。
(それはそれで、暑い暑いと文句を言うのでしょうが)

好きなひとの笑顔の理由になれたらいいですよねぇ。
憧れです。真ん中という表現がとても素敵だと思いました。

やっぱり笑っている瞬間や
笑顔になれる瞬間が、
いちばんしあわせだと思うんだよね。

その真ん中にいられるってことは、
ずっとその人の記憶の中にいられるってことでしょ。
ずっと忘れない人になるってことでしょ。

それって本当に幸せだよね。
あらためて痛感。ドーン、と(効果音)

好きな人の笑顔って、まさにヒマワリだよね^^
 

>>だいずさん

だいずさん、こんばんは☆

雪には縁のない土地に住んでいる私。
さらっさらの雪に、憧れさえもおぼえます(笑)
きっと、そうなったらなったで、怒り狂うんだろうけど。←おい!

グラデーションも中心から波及してる。
真ん中にいたら、端っこまで「私」がいそうで。
ちょっといいですよね、そういうの(^-^)

>>ゆかりん

好きな人の笑顔って、どうしてあんなに素敵なんだろうね。
たまに、脳天直撃されるもん(笑)
だから、細くて垂れ目が好き。←聞いてない(爆)

真ん中でデーンと構えて、いつでも笑顔にしましょうか。

笑わぬなら、笑わせてみせよう、ホトトギス…
字余りにも程があるね(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssssaya.blog85.fc2.com/tb.php/132-a2ac322c

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。