恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > 月が、昇る  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月が、昇る

2010 - 06/16 [Wed] - 23:51


ホテルの一角、

宵の口。

はやる気持ちを唇に乗せ、

その柔肌の上をなぞる。


もうすぐ、月が、昇る。

帳を落として。

その姿に惑わされないで。


感じて。

揺れて。

僕を、みて。


ホテルの一角、

宵の闇。

耳元で愛をささやき、

熱い想いを打ちつける。


もうすぐ、月が、昇る。

果てたときも

その姿に惑わされないで。


余韻に浸って。

僕だけを、みて。




鎌倉・横浜のお題
『目移り』






そろそろ、寝不足が祟って、体調を崩しそう(爆)

でも、ポルトガルやスペインの試合を観ないわけにはいかない!
ということで、明日も寝不足決定です。
でも、3:30a.m.キックオフだったブラジル戦を観なかったから、偉かったでしょ?(爆)

日本が初戦を白星スタートしたことで、かなり盛り上がっていますね:-)
これぞ、ワールドカップ!
マスコミの影響ってすごいな、と改めて思う今日この頃(苦笑)

スポンサーサイト

さーやさん、こんにちは。

月といえば。
今日、朝、空を見上げたら
(だんだんすがすがしい朝から暑苦しい朝になっているのが嫌)
逃げ遅れた月が空の片隅にひっかかっていました。
いちにち、がんばろうね、と月と約束しました。
…わたしは孤独なのでしょうか(爆笑)

昇ってくる月って見たことないです。
なんだか、いつも、あたりまえのようにそこにいるから。

ぼくを見て、がぼくだけを見て、になっているところにこころ揺すられました。

ワールドカップ、懐かしいなあ。
高校1年生のとき日本が予選突破したとかで、授業のかわりに試合を観たり。
これでも一応、かなりの進学校だったんですよ(笑)
変な学校。

くっは!
鼻血!
いいなぁ~、このシチュエーション。
心が揺れるね。あっ、だいずさんと同じこと言ってる…笑

私ね、今日ひさしぶりに「花男」見てたんだけど←
この詩の「僕」と道明寺が重なってさぁ、
かなりタイムリーですごくキュンとしました。

ぼくだけを見て、って、やっぱり誰もが思うのかな。
どこか不安な気持ちをみんな抱えているのかな。
想いを馳せる、夜9時。笑



>>だいずさん

だいずさん、こんにちは!:-)

たまに、白い月が朝の空をさまよっていますね。
太陽と一緒の空にいることができないから。
光を失っても太陽と並びたいのだろうか…
そんな、さながら詩人のようなことを思ったりします(笑)

月って、昇るというよりも、沈んだ太陽が浮かびあがらせるって感じですよね。
夜が明けても、ずっとそこにいるかのような。
何だか、今日の私は詩人だなぁ(爆)

2002年の日韓大会。
準決勝、イングランドvsブラジル。
なぜか、この日は上司が早く帰らせてくれました(笑)
いまだに謎です。

>>ゆかりん

はやく、鼻血止めないと(笑)
貧血になっちゃう(そこじゃねーだろ)

あの、俺様・道明寺でさえ、つくしのことになるとちっちゃくなっちゃうんだよ。
(例えがちょっとおかしい/笑)
大小あれども、みんな何かしらの不安は持ってるよ。
ない人は、何も考えていないだろうね。
おバ☆なのか、おめでたいのか…(爆)

「花男」といえば。
コミックの「いちごものがたり」で号泣したことがあるよX-D
なんか、リンクしちゃったんだな、自分に。
そんなきれいな恋だったか?と、自分に尋ねてみないといけないんだけど(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssssaya.blog85.fc2.com/tb.php/198-17cbd486

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。