恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > 恋草  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋草

2010 - 08/29 [Sun] - 23:11


あなたを嫌いだと言い放っても、

あなたを想って涙する夜もあるの。

その意味、わかるよね?


あなたを好きだってこと。


諦めようとしたこともあった。

無理だとわかっていながら。

それでも、愛することをやめなかったのは。


やっぱり、あなたが好きだったから。


好きだよ。

好きだよ。


次、あなたに会うときは。

その胸の中に飛び込んで。

言葉に、するね。




私らしくないけれど。

たまには、素直な私も。

いいでしょ?






「恋草」とは。
万葉集に出てくる言葉で。
刈っても刈ってもまた生えてくる、恋のようなもの。
そう表現されています。

NHKで「日めくり万葉集」という番組がありまして。
たまたま目にしたときに、この「恋草」がでてきたのです。

これは使える、正直そう思いました(笑)

「恋は、いつも。」の続編と思っていただければ。

スポンサーサイト

さーやさん、こんにちは。

『恋草』
風流なのかどうなのか、微妙なライン。
だって、恋を雑草にたとえちゃってることばなんですよね??
せめて『恋花』とかにしてほしかったなあ。
それはさておき。
『恋は、いつも。』の続編ですか。
>好きだよ。
>好きだよ。
2回繰り返されるところが
想いの深さを物語っていますね。

それにしても『恋草』って…。
草、ねぇ…(笑)

う~ん、わかるなぁ。
どうしてもあきらめられない、すごく好きなヒト。
やっぱり、いるもん。
この先何があろうと、きっとあきらめられない。
最後まで好きでいたいと思うヒト。
いるもんね。

昔の歌人って本当に発想力が素敵だよね。
恋草。
こんな言葉、知らなかった←オイ
刈っても刈っても、また、芽生えてくる。
本当、その通りだよね。納得!

胸に飛び込んで、言葉にできる日。
私にもいつか訪れるといいなぁ(^^)

>>だいずさん

だいずさん、こんばんは!:-)

恋草。
刈っても刈っても伸びてくる様が雑草になぞられているところをみると。
なるほど、と思えるわけです。
個人的には。
花って、一度刈ってしまうと、次の花が咲くまでに時間がかかってしまうけど。
雑草なら、あっという間ですからね。
根っこから抜いてしまわない限り。

私は根っこから抜いてしまいますけどね(笑)

>>ゆかりん

この詩のモチーフになった短歌は、広河皇女の歌です。
どんなのかはわすれちゃったんだけど(爆)
彼女は、『恋草』という言葉を使った歌を2つも詠んでいるそう。
よっぽど雑草に似てると思ったんだろうね(笑)

私の場合、刈るどころか根っこから引き抜いてしまうから、すぐには生えてきませんが(笑)
突然生えていて、「あら、気づかなかったわ」ということはあります。
だから、何だっていう話(笑)

こじんまりとしていていいから。
いつも青々としている草が生えてくれるといいな。
そんな穏やかな恋がしたい←年寄り発言(爆)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssssaya.blog85.fc2.com/tb.php/237-babebac1

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。