恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > Like the Princess Kaguya  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Like the Princess Kaguya

2011 - 08/07 [Sun] - 23:46


“もう、帰らなくちゃ”

そうつぶやいた君の目に

浮かんだ輝くものを

見逃しはしない。


その腕をつかんだら、

その手を離さなければ、

あなたは。

そばにいてくれるのですか。


愛しそうに

空を見上げる

その横顔をみていたら

何も聞けずに、

何もできずに。


今、君のためにできることは

笑顔で見送る、

それだけ、みたいだ。




―別れの、カウントダウン。






SKのお題
「かぐや姫」


お題、開始!
旅をしたら、お題を。
これ、定番化しました。
ありがたいことに(笑)

がんばって書きます。
どれだけの時間がかかるか、わかりませんけど←まさかの逆ギレ(爆)

スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さーやさん、こんにちは。

>それだけ、みたいだ。
うわあぁ…!!!せつないです。
敬語の使い方が
すごく効いています☆

かぐや姫…。
とある本に『As soon as it smelled, plincess』と訳されていて
爆笑したことがあります。
日本最古の物語のせつなさはいずこ…。

ちなみに。
恋人の呼び方ですが、
大学時代に友達は彼氏のことを相方と言っていました。

かぐや姫はさ、
月に帰りたかったのかな?
それとも本当は帰りたくなかったのかな?

どうなんだろう…。

もし、私だったらって考えると(お得意の妄想出ました!)
…帰らないかも(爆)

別れの瞬間って、本当につらいよねぇ。
去ってゆく人も、見送る人も。
でもせめて笑顔で見送ることが、最後のおもてなしなのかなぁって。
そう思って、笑ってみたんだけど、どうだった?(聞くか/笑)


ひょっとしたら、12月にも新たなお題が?(笑)
 

>>コメントをくださった方

はじめまして。
こちらこそ、来店ありがとうございます☆
リンクまでしていただいて、店主、うれしくて小躍りしていますよ(馬鹿)

つたないところだし、かなり気まぐれですが(ダメ)
これからも、どうぞご贔屓に♪

よろしくお願いします。

店主・さーや

>>だいずさん

だいずさん、こんばんは!:-)

お褒めの言葉、ありがとうございます!!
さーや、ガッツポーズですよ♪オホホ←やめぃ。

恋人の呼び方って、やっぱりそれぞれなんですね。
相方って、漫才やないんやから!
って、突っ込みたくなりますね(笑)

as soon as it smelled…
そのつづきは、どうなるんでしょう?
気になります(笑)

>>ゆかりん

思い出は、きれいなままで…
なんて、ロマンティックな人だったのかもよ。
それか…
私って、こんなにモテるんだぁって実感してたりして!?(爆)←怒られるぞ。

別れのシーンは、いつまで経っても苦手だわ。
見送ってもらってるのはわかってるんだけど、
振り向いたら泣いちゃいそうなんだよね(爆)
だから、失礼なことわかっていても、顔をみられない。

先週も含めて(笑)

ゴメン(なんの謝罪だ/笑)

12月も、やっちゃう!?
でも、間に合うかしら…(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssssaya.blog85.fc2.com/tb.php/369-ea1097e1

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。