恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > エンド  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンド

2012 - 02/05 [Sun] - 17:46


やさしさなんて

所詮、マボロシ。


目に見えないものを

迂闊に信じた

私が悪い。


わかってる。


わかっているけど。


でも。


本当に好きだったの。


あいしていたの。




―終わった恋に。






なんか、イタイ詩が続いてしまいましたね。
これは反省。

なんか、書いても「?」が浮かんでしまうのです。
以前アップしたものに似ていたり。
ちょっと苦しんでいる最中。

そんなこと、ありませんか?


スポンサーサイト

そんなことありますよ!

さーやさん こんばんは♪

詩の浮かぶ瞬間はほんの一瞬でそこを取り逃がしてしまうと 自分も全然書けません(悲)

 「でも。


 本当に好きだったの。


 あいしていたの。」

この部分の「せつなさ」が乙女らしくていいです☆



目に見えないもの。
信じるしか、ないんだよね~。
それで結果、傷つくことが多いんだけど。
信じてみなきゃ始まらないことも多いし。
難しいね~。
目に見えないもの、形の無いものなら壊れはしない~♪
はずなんだけどね(爆)

でも、終わった恋の相手のやさしさは
やっぱりまぼろしだったような気がしてしまうね。


詩は続けても難しいね。
ヤングさん素晴らしすぎるよ(TT)
 

わかるなぁ…。

こんにちは、さーやお姉ちゃん☆

わかりますわかります!!!(ちょっと落ち着こう)
でも、まぼろしじゃなかった!!!と思える出来事が最近ありまして。
恋人さん関連じゃないので、彼には絶対に秘密なのですが。
過ぎ去った恋のやさしさすべてが
幻というわけではないのかもなぁ…。
ゆかさんおっしゃるように、
信じるしかないものですし。

詩は…わたしも四苦八苦の毎日です。笑

>>minorpoetさん

minorpoetさん、こんばんは!

minorpoetさんもそういうことがあるんですね。
ちょっと、安心。
いちばん書けないのは、疲れているとき。
大敵です。

わたし、結構せつなさの塊のようなものですから(冗談)←
せつない話を書かせたら、止まりませんよ!
だから、あえて書かないようにしています。

痛すぎるんですよ(笑)

>>ゆかりん

ゆかりん、こんばんは!

信じるものは救われるっていうしね。

やっぱりね、相手云々じゃなくて。
自分がどう思ってるかってことだと思うの。
信じたら、信じただけ傷つくこともあると思うんだけど。
そこ考えたら、何もできない。
終わったら、思い出にして。
次の恋に進みたいものですね。

思い込みも、たまにはたいせつってことで(え)

わたしも師匠になりたい…
もとい、追いつきたいです…

>>だいずちゃん

だいずちゃん、こんばんは!

あのぉ…(語りモード突入/笑)
好きな人にフラレて、でもその人はやさしくて。
当時はそれがすごくつらかったんです。
でも、時間が経ったときに、友達に言われたことがあって。

「その人も、“友達として”さーやのこと好きだったと思うよ」

それを聞いたとき、すごく泣けてきたの。
友達としてでも、わたしと一緒にいる時間を楽しいと思ってくれていたとしたら。
わたしは幸せだったなって。

むこうもキツかったと思うんですよ。
フったあとも変わらない態度を取るって。
今ならわかるんですよ。
それが彼の“やさしさ”だったんだって。
そのときに気づいていたらって思うけど、もう終わったこと。
その恋があったから、また誰かを好きになれると思うのです。

なかなか好きになれないけど(爆)

詩…がんばります(涙)←

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssssaya.blog85.fc2.com/tb.php/437-cab12a23

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。