恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > 過去にみた幻想  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去にみた幻想

2013 - 04/18 [Thu] - 22:42


いつのまにか始まった恋は

いつのまにか終わりを迎え

なにもなかったように

時間はただすぎていく


流れゆく時間の中で

思い出は風化して

好きだったはずのしぐささえ

思いだせないほどよ


あなたを愛していたと頭をよぎるのは

決まって

あなたの知らない誰かと出会ったとき


キスは

どこかにいるあなたの面影を手繰り寄せるように連れてきて

愛していると言われているような気さえする


あなたではない

誰かに抱かれながら



―思い出か、それとも、幻か…






ネタ探しに奔走する予定。

あくまでも、
予定です(何)

なにかあれば、是非。

いつでも他力本願の幽霊店主です。


スポンサーサイト

さーやさん こんばんは♪

ここ数点の作品は、何か男心に迫るものがありますね(笑)

「キスは

どこかにいるあなたの面影を手繰り寄せるように連れてきて

愛していると言われているような気さえする


あなたではない

誰かに抱かれながら」

ここの表現は素敵ですね~ 真実の愛を求めながら他人に抱かれる。。。
妄想列車が激走しそうで、「誰か止めて!」と叫びそうです(笑)

>>miorpoetさん

miorpoetさん、こんばんは☆

妄想、バンザイ!ですよ(笑)
幽霊店主の書きもので妄想が激走してくれたら、小躍りしてしまいます。

いやぁ、ありがたいことです。

なんせ、幽霊店主
こうみえても(?)れっきとしたオンナなので
男心は、まったくといっていいほどわかりません。
なので、迫るものがあるなんて言われるとうれしくてたまりません♪

やったねぇ~(小躍り)←

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssssaya.blog85.fc2.com/tb.php/511-ca2f4f41

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。