恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > 覚えてる。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えてる。

2009 - 07/12 [Sun] - 21:10

覚えてる。


人ごみの向こうで佇む君の

長い髪が印象的だった。


いくつもの夜を越え、

重ねてきた思い出は。

出会いを風化させるけど。


消えることはないから。


あの頃の君も。

君への愛も。


君にはじめた会ったのは、

まだ肌寒い、春の夕暮れ。


君の姿を見つけて、

僕はドキドキしてたんだ。






今年の春の思い出です。
すべてとは言わないけれど。



今クール、めずらしくたくさんのドラマを観ています。
今日も然り。

堺さん、好きなんです…vv
スポンサーサイト

思い出は良くも悪くも消えないものです

どうも、柚流です☆

中学時代まではこれと言っていい思い出ってのがあんましなくてちょっとアレな感じだったのですが、高校辺りから今の自分に至るちょっとした変化があったお陰でそれ以降は結構いい思い出があったりします

頭からは少しずつ消えてゆくような事だとしても
その出来事があったという事実はいつまでも消えません
そうゆう意味でも思い出は良くも悪くもあるものだと思います

>>柚流さん

最近、特に記憶力散漫なため、覚えていないことが山ほどあります。
年なんでしょうか?(聞くな/笑)

たしかに、良くも悪くも思い出は残るもの。
それでも、すべてを覚えておくのは無理だから、
意識的に記憶の中から削除したりもします。

記憶はなくても、五感で何かを思い出したり、懐かしく思ったり。
そういうの、何かいいですよね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssssaya.blog85.fc2.com/tb.php/8-cd5c971a

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。