恋詩koiuta - love & ... -

日常で見聞きし、感じたことを詩に変えて。 いとしい。 せつない。 そんなカンジ。

  恋詩koiuta - love & ... -のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > ゆびさき  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆびさき

2009 - 11/17 [Tue] - 00:00

その指先は、冷たかった。

そっと頬をなでる指。

それは、お世辞にも

慈しむとは言えないもので。


ここにいることを

ただ、確認するだけの作業は。

ぬくもりさえも残さない。


それは、きっと。

これ以上、踏み込ませないための

あなたのやさしさ。



それでも。

あなたのぬくもりを、待ちわびている。






新しい1週間の始まり。
気合を入れるために、イチくんデザインの限定Tシャツを着込んで出かけました。
着心地サイコーでした(そこ!?爆)


今日は、愛すべきおバカ・妹の誕生日(笑)
めでたいですね。
スポンサーサイト

さーやさん、こんにちは。
冷たいやさしさ…ですかぁ…。
ただ、暖かく…だけがやさしさじゃないんですね。

浮かんできた情景はなぜか、雑踏の駅前でした^^

なんで、さーやさんの詩は(いい意味で)大人っぽいのでしょうか?

どうも、柚流です☆

こう表現というか...
書き方というか...
どこか、大人な何かを感じるんですよね
そして、自分にはそういう詩が書けないわけで...

あ、いや
男のくせに乙女な詩書いてるやつが何言ってんだ
って話かもしれませんが^^;

>>だいずさん

だいずさん、こんばんは☆

「あたたかい」やさしさは“やさしさ”っていえるけど、
「冷たい」やさしさは果たして、“やさしさ”と言えるのか?
これは、問題提起でもあります。

だいずさんが「それは“やさしさ”ではない!」といえば、
やさしさではないのです。
ちょっとイジワルな提起ですよね(苦笑)

>>柚流さん

褒められて、ちょっと戸惑っております(笑)
あ、ありがとうございます。

大人っぽい、ですか…
あまり意識したことがない気が…(してください)

強いて言えば、書き続けてきた結果でしょうか。
10年くらいは書いてきたから。
さすがに、10年前の詩は自分で見ても恥ずかしいものがあります(笑)
それくらい変わっています。

いろんなものに影響され、感化され。
そんな感じです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssssaya.blog85.fc2.com/tb.php/86-23db31aa

 | HOME | 

プロフィール

さーや

Author:さーや
 歌と笑いとサッカーと。
 3つの要素で、私はできている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

←参加してます。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。